旧サイトの引っ越しが終わりました

新しいサイトのリニューアルを始めました

ようやく旧サイトの引っ越しが終わった

少し前から、このサイトのリニューアルを考えていたのですが、今日やっと旧サイトを別のところに移すことができました。旧サイトは、HAIKというCMS(ホームページ作成ツール)を使って作っていたのですが、今後のことや自分自身の学習のためにWord Pressのサイトにしてみました。

別に、HAIKというCMSが劣っているというわけではなく、むしろWord Pressに比べたら断然使いやすいと思います。特に、パソコンやインターネットのことが苦手な人にとってはとてもいいツールだと思います。

なぜ、Word Pressにしたのか

では、なぜWord Pressにしたのか。理由は、いくつかありますが、一番の理由は、世界標準だからです。HAIKというツールは開発した会社から現在は、他の会社に引き継がれてシステムの更新やサポートなどが行われています。現在のところ、利用者は引き継いだ会社の有料会員となることで、HAIKというシステムを使うことができます。

当面の間は、それで大丈夫だと思いますが、もしなんらかの理由で開発が止まってしまったり、サービスが終了してしまった時のことを考えると、不安になりました。もちろん、すぐにすぐということはないと思いますが。

これが、自分のところのサイトだけならどうにかなるのですが、他社のサイトはそうもいきません。何らかの理由で、私以外の人がそのサイトを管理するようになったら、使い方がわからず、結局は顧客に迷惑をかけてしまう可能性があると思ったんです。

ですが、Word Pressは世界標準です。世界中のウェブサイトの2/3以上がWord Pressで作られているといいます。ですので、Word Pressでサイトを作っておけば、ほとんどのホームページ作成会社などで引き継げると思います。

それが、Word Pressにした大きな理由です。

拡張性が高い

もう一つの理由としては、拡張性が高いことです。プラグインというWord Pressの機能を増やしてくれるものを使えば、会員サイトを作ったり、決済機能を持たせたりすることもできます。プラグインは、世界中で開発されていて、様々な種類のものがあります。

実は、プラグインがあり過ぎて選ぶのが大変だ、という理由がWord Pressを使わなくなった理由でもあり、Word Pressを複雑にしている原因でもあります。

ですが、今後のことを考えればやはり、Word Pressを使えることがビジネスでインターネットを使う時の必須のスキルになるんだろうと思います。ですので、自分の学習も兼ねながら、Word Pressのサイトにリニューアルしてみることにしました。

Word Pressを複雑にしているもう一つのもの

Word Pressでサイトを作る時、Word Press本体とプラグインの他にもう一つ必要なものがあります。それは、テーマです。

Word Pressを触って一番挫折する理由が、サイトを構成する要素がわからない上に、それぞれの要素を学ばなければならないからです。

プラグインを選ぶのも大変なのですが、テーマを選ぶのも大変です。なぜなら、選ぶテーマによって、作るサイトに全く適していないデザインだったり、使いたい機能がなかったりします。

なので、そうしたことを考えずにすみ、操作が簡単でシンプルなHAIKというCMSを使っていました。

ですが、Word Pressのテーマでも、シンプルな操作性で簡単に使えるテーマに出会いました。だからまた、Word Pressにしてみようとも思ったんです。それが、今このサイトで使っているテーマです。

KANSO(簡素)という名前のテーマです。

さすがに全く何の知識も持ち合わせていなければ使えませんが、おそらく他のテーマに比べて学習コストはかなり低いです。

まず、無料です。

そして、使える機能を必要最低限に絞っていることで、逆に使いやすくしています。変に高機能にしてどう使ったらいいのかわからないテーマに比べたら、はるかに早くサイトを作ることができます。

なので、なるべく早くサイトを作成したい人に向いています。

そのへんはまた、おいおいお話ししますね。とりあえず、今日のところはこのあたりで。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です